煎豆屋伊右衛門の考える美味しいコーヒー

挽きたて=美味しいコーヒーは誤解です。生豆の個性を最大限に引き出すことが自家焙煎ですが、最も重要な事は“焙煎豆の鮮度”だと煎豆屋伊右衛門は考えます。

生豆を煎ると水分が蒸発し炭酸ガスと入れ替わります。そして、焙煎された豆は自身に含まれた炭酸ガスによってゆっくりと酸化します。徐々に酸化が進むとせっかく焙煎によって引き出された生豆の個性が変化してしまい、それを飲むと生豆の個性は関係なくただ苦いだけで香りも抜けたコーヒーになります。

お判りでしょうか、焙煎豆は生鮮食品と同じで鮮度が重要なのです。今やスーパーでも豆の状態で購入できます。挽きたての美味しいコーヒーを謳うショップもいくつもあります。しかし、そのコーヒー豆はいつ頃焙煎された豆なのでしょうか?それを考えるとおのずと見えてくると思います。

ならば、焙煎直後のコーヒー豆を淹れれば最高においしいコーヒーなのかというと、香りやコクが弱く感じられおいしいとは言えないコーヒーが出来上がります。いわゆる熟成の過程が必要と思われ、豆の産地や焙煎度合いで変わりますが、2日後から2週間程度が飲み頃だと思われます。なので、コーヒーを自家焙煎するショップは美味しく飲める期間を考えながら焙煎しているのです。

その焙煎豆を普通に提供すること。これが煎豆屋伊右衛門です。

しかし、他の多くの食品と同様、美味しく感じられる感覚は人それぞれです。私のコーヒーが本物だというつもりは全くありません。ただ、こんな味のコーヒーもある事を知っていただければと思います。


  • 2018年12月
         
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31